樽鮨の歴史
皆様のおかげで創業50年目を迎える事ができました。そこで樽鮨の歴史を少しご紹介させて頂きます。

こんにちは。二代目 春岡徳雄です。

樽鮨は昭和39年に父、徳源と母、年子が春江町為国幸で創業し、まもなく50年目を迎えます。

結婚当初は「京友禅」の絵付けの仕事をしていた父でしたが、目を悪くしてその道を諦め福井に帰り、関東や大阪で料理屋を営んでいた義兄達の勧めもあり、「寿司屋」を始めました。

当時、春江では寿司といえば巻き寿司の事であり、握り寿司はとても珍しかったそうです。後に、お得意様に「春江で握り寿司を広めたのは樽鮨だ」と言っていただいたこともあったようです。

ご年配の方はよくご存知のことと思いますが、現在の樽鮨が建っている場所には、かつて「春江劇場」という芝居小屋があり、その後、映画館,パチンコ店が営業していました。

つまり、人々が集い、楽しんだ場所であり、地域コミュニティーの中心地だったのです。

樽鮨もより一層地域に根付き、皆様に「あぁ、この場所に樽鮨があって良かった」と言ってもらい続けられるように、日々努力してまいります。
これからも末永くご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

マスターブログ
樽鮨の料理
懐石弁当
鯖の押し寿司